このブログを検索

兄の娘が兄のことを見下してた。そしてある日托卵が発覚し、兄は全てを捨てた

Quick Edit Pencil
兄の子供(女10才)がすごいクソガキだった。


兄のことを「汚い」「触らないで」「喋りたくない」
と毎日罵り、

母(子からしたら祖母)には
「くせえんだよババア!」
とげらげら笑いながら中指を立てる。


もちろん俺にも「低学歴の負け組w」
とバカにする。


実際は兄も母もいつも小綺麗にしてるし、
俺も普通クラスの大学を出ていた訳だけど。


ほとほと困り果てていた我が家だったが、
なぜか義姉は子をほとんど諫めず、
「やだー○○ちゃんたらー」と笑うだけ。


今から考えたらおかしいことだらけだった。


ある日、兄が子の機嫌を取ろうと
あるキャラクターのぬいぐるみを買ってきた。


しかし子はそれを投げ捨て踏み潰し、
「アンタが買ったものなんて汚いからいらない!」


そして
「こういうのは本当のお父さんに買ってもらうからいらない!」
と言いだした


その発言で我が家は大混乱。


兄嫁は大慌てで子をひっぱたくし、
兄は兄嫁に問い詰めるし、
母はなぜか吐き出すし。


そのあと諸々あってわかったことは

・娘は兄の子じゃない。
結婚前から続いていた本命の子。

・本命は30後半フリーターなので生活出来ない。
兄は収入の良さで結婚した。

・なにも知らない兄がおかしくて
(本当に言った)
娘に悪口を吹き込んで言わせていた。

・兄をいじめるのが楽しくて
(本当にそう言った)
ついつい調子に乗っていた


↑を聞いて兄激怒。


許してほしいと土下座する兄嫁を無視して
相手と兄嫁を訴えた。


そしてびっくりする程の慰謝料を貰って離婚した。


兄嫁の親の金だと聞いた。


そういえば調停?が始まるちょっと前、
家から兄嫁といっしょに追い出した娘が訪ねてきたことがある。


秋だったのに娘は薄汚れた半袖で、
痩せてるけど顔だけパンパンになっていた。


実家に勘当された兄嫁は
フリーター男の四畳半アパートしか行くところがなく、
いろいろ切羽詰まっていたのだろう。


娘は兄にこう言った。


「今わたしとお母さんに謝ったら
またここに住んであげてもいいよ。
あのぬいぐるみも貰ってあげる」


それを聞いた兄、
今まで見たこともないような冷たい顔で娘を見下しながら、


「なんで他人の口が悪い子供と暮らさなきゃいけないんだ?
本当のお父さんのところに帰れば?」
と言って玄関を閉めてしまった。


最後に見た娘は唖然と突っ立っていた。


いつも優しかった兄だからなんとかなると思ったんだろうな。


それから娘には一回も会っていない。



コメント