カテゴリ
 ・野球まとめ ・パワプロ ・野球動画 

 ・野球 芸能 ・画像 ・質問ある? 

人気記事一覧      
 ・野球 ・芸能 

【コロナウイルス】死者解剖の結果…これはヤバ過ぎ・・・

2020-04-22

コロナウイルス

t f B! P L






(瀋陽=聯合ニュース)チャビョンソプ特派員=中国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で死亡した患者を解剖した結果、

重症急性呼吸器症候群(SARS)患者と同じような肺の損傷が観察されたと、香港メディアサウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)が報じた。 


この患者は、湖北省武漢(武漢)で先月脳卒中で入院したが、13日後にクローナ19確定判定を受けた85歳の男性であった。 


患者はその後、半月後コロナ19と呼吸不全で死亡しており、武漢華中科技大学のチームが事後12時間以内に解剖を行った。 


報告書は、「まだコロナ19の明確な結論を賭けることは時期尚早」としながらも、「肺の損傷は、SARSよりも明確だった。また、他の臓器の損傷がコロナ19から生じたのか、十分な証拠はない」と評価した。 


コロナ19が脳卒中に似症状を引き起こす可能性があるという高度な研究事例と関連して、報告書は、「他の臓器の損傷のいかなる証拠も発見できなかった」と述べた。 


報告書は、目視検査及び画像分析を総合して「コロナ19は、主に下(下)祈り部と肺胞(肺胞)に損傷や炎症を起こした」と述べた。 



続いて「検死の結果、肺線維症や更年期障害化は、SARSよりひどくなかった。一方、(血液成分がメクグァン[脈管]からにじみ出る)滲出性反応は、SARSよりも明らかにした」と評価した。 



レポートはちょうどこれらの観察結果は、患者が感染後に死亡までの時間が半月に比較的短かったことと関連していることができ、さらなる研究が必要であると明らかにした。 



報告書はまた、剖検時の心臓の筋肉の傷をはじめ、所長・中枢神経系・脾臓や他の機関の損傷の兆候を見てみると助言した。 



SCMPは、中国病理学者がこれまでコロナ19で死亡した患者の体11体を解剖したが、まだ発症メカニズムや症状が完全に理解されたわけではないと付け加えた。 




やっぱり神経細胞もやられる。



治癒しても肺にかなりのダメージがのこって

強い運動とかできない、というのは
けっこう恐ろしい



まぁ武漢で新型ウイルスって言うだけで
生物兵器を連想しちゃうのは自然だよなぁ



あそこは軍事関連の国営企業とか
メッチャメチャ多いしっていう・・・



肺炎を起こして死亡した人の解剖で

多くは風邪に近い症状で終わるか無症状だけど



どういう傾向で重症化して肺炎に至るかは
まだまったくわかってないというのが怖い


あとダラダラ長引くということは
それだけ体にダメージいってる



楽天

新しいサイト

>


このブログを検索

Feed

follow

QooQ