注目記事

【ゲンダイ】12球団損失1400億円で契約更改へ影響必至…プロ野球界に今オフ嵐が吹き荒れる

2020-10-11

野球 野球まとめ

t f B! P L

 



【ゲンダイ】12球団損失1400億円で
契約更改へ影響必至…

プロ野球界に今オフ嵐が吹き荒れる


「今年の契約交渉はかなり揉める可能性があります」

関大名誉教授の宮本勝浩氏(理論経済学)がこう言った。

宮本氏は先日、「2020年のプロ野球の経済的損失」のリポートを発表。プロ野球は今季、コロナ禍により試合数が120試合に縮小。


無観客で開幕するなど、球団収入の柱となっている観客動員数が大幅に減る。


観客動員の上限が最大収容人数の50%のままシーズンが終了すれば、今季の12球団の売上総額は前年と比べて約1423億円の損失になると分析(パのCSを除く)。


1球団平均で120億円もの赤字を抱えるというのである。

■赤字解消に数年

宮本氏が続ける。

「DeNAの南場オーナーは『かつてない危機的状況』と発言するなど、オーナー側からも厳しい声が上がっている。プロ野球は入場料収入が大きな柱。


例年、巨人や阪神のように年間300万人を動員する球団はだからこそ儲かる。しかし、このまま行けば今年はどの球団も大赤字を抱える。


例年、年間の観客動員数が100万人台と規模が小さい球団は、さらに厳しい経営状況に追い込まれます。


プロ野球の球団は米大リーグのように、放映権料の分配金はなく、人件費(選手年俸)が収入の半分を超える球団も多い。


そもそも大きな収益を上げづらい構造になっている。今季の赤字を取り戻すためには数年かかるでしょう」

実際、DeNAは保有していた陸上のランニングクラブを今年度限りで解散することを決めた。しかも、コロナ禍は終息の兆しが見えず、来季も通常通りの開催ができるかどうかも不透明だ。

「球団経営がかなり厳しい状況に追い込まれていることは間違いありません。これは、今オフの契約更改にも影響するはず。


今季の試合数が120に縮小され、勝利数や本塁打数など積み重ねる数字に関しては少なくなりますが、契約更改の席で例年の成績を持ち出され、『成績が落ちている』と減額提示されるケースも考えられます」(宮本氏)


>>1
今年だけで済めばいいよほんと

ろくに議論しないままの見切り発車だったからな

服数年結んでたやつは勝ち組だな

中途半端なベテランを切るいい機会だろ

厳冬になるのは当たり前だし、
選手会で相談して一律で何割か返上したっていいレベル
たぶん返上は無いだろうから
査定がものすごく厳しくなって新人の契約金が圧縮されることになる

人件費だから減損ではカバーできない
来期もキツいな

野球の経済規模すげえな

これは野球に限らずだからな
プロスポーツはコロナ不況のあおりをもろに受ける

今シーズンの年俸下げなかった分、来シーズンは渋くなるの仕方ないな
今シーズン観客激減状態だから

親会社が弱いところはやばいかもな。
日ハムとか、広島とか

>>139
日ハムは食品業界全体でも売上も利益率もトップの企業。

>>144 食品会社ならコロナの影響もなさそうだしね

>>152
ところがどっこいコロナで飲食店が壊滅してるから飲食店卸分が激減してるのよね

>>324
外食で減っても中食や自炊分で増えてる。
コロナだからって食べるものが減るわけではない。
映画やコンサートは行かなくてもすむけど、食べるものは
そういうわけにはいかない。

>>338
その辺が増えても当たり前だけどトータルでは減になる

今年のオフは高年俸のロートルは軒並みクビだろな

内部留保があるから大丈夫だろ
こんな時のための内部留保だし

#なんj #2ch #5ch #まとめ



まとめてチャージすると さらにポイントが貯まる

ブログ アーカイブ

新しいサイト

Kindle本の人気商品

>


このブログを検索

Feed

follow

QooQ