このブログを検索

ラノベ作家だけど質問ある?

Quick Edit Pencil



売れないラノベ作家だけど質問ある?
特定されない範囲で答えるよ

売れてから立てろwww

売れたらネットやってる暇なくね?

年収いくら?
忙しい?

本の印税は去年120万
今は忙しくはない


学歴は?
仕事でどんな人と会う?

私立大に通う3年生。春から4年だな
担当以外とはあまり会わない

何歳?
デビューはいつ?

今21歳
去年デビューした

女の子が全員主人公ラブで
俺つえーファンタジーはもう出尽くした!!

120万で生活できるの?

学費に当ててるからバイトしてるよ

2万部くらいか
去年何冊出した?

3巻出して打ち切り

好きなラノベは?

とあるとキノの旅かな
でもラノベはあまり読まない



ラノベ読まないのにラノベ作家なのか
自分の書きたいもの書いてる訳じゃない感じ?

書きたいもの書いてるよ
その結果ラノベにカテゴライズされた感じ

タイトルは?

言わねーよwww

秀丸使ってるンゴ?

禿丸って何?


おハゲじゃなくて
テキストエディターのことだお

じゃあWord

次回作はどんな作品にする予定?

異世界学園モノ?

異世界ものはやめとけwww

担当が異世界モノじゃなきゃ売れないと言うので


テンプレがやっぱ一番売れるってことなんかなぁ
来年の電撃大賞応募を目指して
全く無知の段階から制作してる俺に一言

とりあえず何やるにしても基本は大事だよ

絵がよけりゃ売れるってマジですか

あんま関係ないと思うよ

ですよねー
その辺は全く関係ない分野でそれなりに実績あげたので
心得てるつもりですわ


コンテスト応募は
どんな感じでやればいいのかな?

実際に出版してもらいたいと思ってる長編を
規定の文字数に合わせて途中カット
→続きは受賞後持ち込みますんで宜しくオナシャス

or

大体こんな感じの流れや仕上げを予定してます
(サンプル)
→賞を頂いた暁にはこのクオリティで
全く別作を書き上げをお約束します

って2パターンが計画中なんだけども
どっちがセオリーなのか俺には分からん・・・


アホかサンプル送ってどうする
ちゃんとした完成品を送った上で
まったく別作の書き上げをお約束なんて

わざわざセールスポイントに上げるまでもなく
当たり前だアホ

いやいやいやコンテストに応募でそれって
どっちもアカンだろ
下読みの時点で切られるルートしか見えんのだが
応募するなら
普通にちゃんと規定に沿って完成させたの送れよ


応募の段階で続きものにしちゃうのはNG
80ページとか120ページとか、
既定のページ数内で起承転結を完結させないと


応募作は完成されたストーリーだけど、
更に続きやストーリーを想像できるような内容なら
プラス要素だと思うけど

なるほど
んじゃ続きも難なく書けそうだけど
綺麗にすっきり終わってるのが理想って認識でいいかな?

あと他にタブーとかあったら教えて欲しい

タブーを詳しく説明しているサイトもある
と思うけど……
内容に関しては世界観が定まってない、
基本的な文法がなってないとか

そんな内容まで解説してるサイトがあるだと・・・
ありがとうしっかりググります

その辺は言わずもがな論外かなって気がする

とりあえずレスした文章だけでこいつ無理だろ
って思われてるやつだと思うけど


右も左も分からないなか自分なりに頑張ってみます!
本当にありがとう


頑張れ
新しいジャンルや流行を生み出せるような
作者の登場を待ち望んでる
俺もそういう作家になりたいし


とりあえず青空文庫で
適当な有名作家の落としてきて
それを丸々書き写してみろ

たぶん句読点とか改行の位置、
漢字の開き方なんかに違和感覚えるから

その違和感覚えた点が
お前とその作家の違いの部分になるわけだ

最初はその文章のリズムをそのまんま持ってくるといい


ストーリーにも絵にも個性がいる漫画と違って
小説はストーリーに個性はいるが
文章の個性は二の次だから



ちょくちょく読んでてうん?
って思うことはあるなぁ俺は
んがしかし書いたこと無い人間が言っていいことじゃない
と思うけども


文章はやっぱり
スッと馴染むものをベースにするのが肝だよね
癖がありすぎると読んでて飽きやすいわけだし

その上でここぞと表現したいところは
意味深な書き方にするのが一番いいかな
と考えてる


文法について言ってるけど
そういうのはやっぱ拘るもんなの?

言葉で表現するから
当たり前っちゃ当たり前なんだろうけど

ラノベは比較的自由だと思うけど、
日本語がおかしかったり
『この文章は何が言いたいの?』
って思われちゃうとマズイ


規定に沿ったものってのは大体後者の意味では・・・?

まぁ文章表現がカスすぎてお話にならない
ってのは自覚あるつもりだけど


何というか完結させるのが必須なのか
広がりを見せたほうがいいのかどっち?
ってのが聞きたかった


完成させつつ広がる可能性も見いだせるのがベスト
でもまずは完成させないと審査する前にハジかれる

わかったthx

やっぱりそれ含め技術不足は問答無用になりやすいのね


MF文庫は売れない印象ある

どういう経緯でデビューしたの?

ネットで書いていたのを応募したら受賞した
なろうではない

好きな作家とかいんの?

太宰とか芥川とか。
現代作家なら伊坂さんとか乙一
……何で俺ラノベ作家になったんだろう


レーベルだけでも教えてよ

カドカワ

俺は角川好きだぜ

できれば作品名も言ってもらえるとうれしいな!

ゴメンよ特定怖い。
釣りだと思ってくれて構わない

ラノベ愛好家の俺なら読んでるかもな
新米社長とかだったりし


イラストレーターさんはどういう経緯で選ばれるの?
打ち合わせとかどんな感じ?


担当が勝手に選ぶ
キャラの大まかな容姿は伝えるけど、
実際には会ってない

最初書き上げてから完成に至るまで
結構書き直すもんなの?

俺は元々ネットで書いていた分があったから、
修正作業だけ
2週間でくらいで終わった



ラノベって言ってもいろいろあるが、
どんなの?

ファンタジー?近未来?ハーレム?
ボーイミーツガール?


流行遅れのループものファンタジー

出したやつ以外で元々小説書いたりしてたの?


趣味で書いてたのはあるよ
でも本になったやつは、初めてネットで公開して
完結まで行ったほぼ処女作


今はなろう全盛期だから
会社は異世界チート系推すわな

たまに桃太郎的シンプル俺tueeee読みたくなることもあるから
ああいうのも嫌いじゃないが


作家としてはもっと多様性があっても良いと思う
売れてるものに右へならえじゃなくてさ


まあ商業はしゃーないでしょ、
売れてナンボなんだから

ただでさえ書籍売上が下がってるこのご時世に
なかなか冒険はできんよ

ラノベに限らずSFが流行った時代には
猫も杓子もSFSFだった時もあるんだし


まぁそうだね
悪いのは業界や読者じゃなく、
時代の流れを作れない作者の力不足

八幡みたいにボッチが感情移入しやすいやつは流行るんじゃ



小説書く時ってのはザッと書いてく感じなの?
それとも色々構成とかバランス考えて書いてくの?

ある程度の構成とか設定は考えるけど、
俺はプロットも作らず勢いで書ききった
そのせいで文庫化しても売れなかったんだろうけど



言葉わかんないw
プロットて何?

構成とかお話の流れ、キャラ設定を書いたものだね

何で売れないの?


高校生の時に書いてたものだから若干時代遅れ
何より俺の実力不足。経験も知識も足りなかった

今でも他の作家の本とか読んでんの?

ラノベ以外ならたくさん読んでるよ
ラノベも少し読んでるけど

作家としての技術的なところで尊敬できると
か凄いと思う人っている?


語彙とか表現もそうだけど、
単純に膨大な文章量を書ききる人は凄いと思う
薄いラノベ書くのすらしんどかったのに、
分厚い本書く人はどんな体力してんだと感心する

実際問題、
作家業に限らずしたいことさせてもらえるのは
出世してからだしな

新人に発言権などない
ブラック業界の常識だね

ホワイトでも入ってきたばっかの新人に
したいこと好きにやらせる所はないわ
それはただの無責任だ

俺の職場ほぼ残業なんか無いし
有給も消化しろ言われるレベルだけど
新人に発言権なんか一切無いよ

働いたことないクソ大学生が
社会を語ってゴメンなさい

句読点とか悩んだりしないもんなの?
俺は頭悪いから書き込みでも仕事でもよく迷う

悩む。たぶんそこで一番時間使ってる

本出してるレベルでも悩むのかよ‥orz

おーぷんで時々小説書いたから~みたいなスレ見ると
大体脚本みたいにセリフ尽くしなんだけど
ああいうのはラノベの傾向なの?
それとも書き始めは皆そうなってしまうのか?

むしろネットではSSという会話劇が主流だからと思う
書き始めの傾向かもしれないけど
俺も中学の時はセリフのみの物語書いてた

なるほどね
ところで色々話を聞いてて思ったんだけど
ラノベってのはそんなにいま需要あるもんなの?


このスレへの食いつきを見るに需要はあると思う
文章の見た目とか気に入らないとかは
作家の気分次第で手直しすると思う
俺は音読した時のリズムで直したりしている

趣味でちまちま書いてるけど表現のテーマって
どれくらいのバランスがちょうどいいのか悩む・・・

テーマが多すぎてカオスになるのが論外
なのは大前提として
きちんとバランスを調和させられる自信があるなら
複雑に絡ませた表現をしてもいいのかな?

案外それだと
情報過剰で嫌われるもんなんだろうか・・・


1つのテーマを突き詰めても良いし、
複雑な設定やテーマが入り組んでいても良い

それが小説の面白いところでもあり難しいところ
趣味でやる分には
書きたいことを楽しみながら書くのが一番

そういうもんかなやっぱり
自分は後者を行きたいと思ってるんだけど
あんまりやり過ぎると読者が置いてきぼりになるかな
とも思ったりで悩ましい

まぁ採算考えないうちが華だよね
楽しみも犠牲にはしないようにしますん

俺はそろそろ寝ます。予想以上に伸びて満足
付き合ってくれてありがとう
これからも売れてるラノベ作家目指して頑張る


コメント