このブログを検索

サチェル・ペイジとかいう野球史上最高の投手 179km/h位の速球  その他伝説の数々を紹介

Quick Edit Pencil





サチェル・ペイジとかいう史上最高の投手


・ニグロリーグ時代に2500試合に登板、
 2000勝以上を上げる

・うち完封勝利は350以上、
 ノーヒットノーランは55試合

・179km/h位の速球



レジェンドですわ


コントロールもいい

106試合登板(シーズン106試合)
106勝105完投
とかいう年がなかったやろか


年取ってからメジャーで投げて
普通に通用したのが凄い



今も野球がアフリカンに人気だったら
こんなんばっかになってたのかな


神ですわ


てか二グロリーグにヤバいやつ大杉やろ


クールパパベルの逸話がヤバい


ベルの打ったピッチャーの横を
かすめていった打球の行先を見たら
2塁にスライディングした
ベルに当たってたとか


・犠打で一塁から三塁へ

・タッチアップで二塁から生還

・部屋の明かりを消してから、
 部屋が暗くなるまでの間に
 ベットに入ることができる



わろた


全盛期のイチローみたい


1934年は105試合で104勝を挙げている


小山とかOB連中がたまにホザく、

「俺らの時代は160km/hあたりまえ、
ちな沢村栄治は170km/hぐらい」
と、同じようなもんやね



EAのMVPベースボールの
レジェンド選手の中に収録されてるけど
パラメータがマジキチ


手、横手、下手
どこからでも投げ分けることが出来、
投球練習の際、
ホームベース上に置いた煙草の箱の上を
ボールが通過するほど
コントロールに優れていたという。


当時のメジャーリーガーも認めてるらしいし
マジやろなあ

すごいわ…


ペイジもあれだが
ギブソンの逸話もキチ◯イ染みてる


ルースもビビった


ボブ・フェラー
「サチェルのがストレートなら、
俺のはチェンジアップや」


なお本人は火の玉投手の模様


1946年のグリフィス・スタジアムで、
米軍が協力しての
当時最新の球速測定機を使った実験では、
初速117.2マイル、終速98.6マイル、
平均で時速107.9マイルを記録したという。



全盛期の球を見てみたかった
映像とかないんが惜しまれる


どこ投げたらゴロになるか
三振するかなんてことが分かったとか


中西太の打球は
ピッチャーの脇かすめたと思ったら
バックスクリーンに当たったらしいから


ホームに釘を浅く打ち込んだ板を立て、
マウンドからのファストボールで
その釘を打ち込んでいったという


日本で言う沢村みたいなもんか




ある試合の時、サチェルは
ベンチからでは軌道も見えないほどの
豪速球を投げ込んだ

すると、キャッチャーを務めていた
ジョシュ・ギブソンがおもむろに
何やら叫びながらマウンドへ歩いていった



「チャンジアップが必要な時は
サイン出すから
勝手に投げないでくれよ!」


なお60歳を超えてメジャー先発し
3回無失点だった模様


42歳の史上最高齢新人投手として
6勝(1敗、防御率2.48)をあげ、
リーグ優勝に貢献



自伝とか読んだわ




サチェル・ペイジの逸話で打線組んだww


1 サチェルとノーラン・ライアンの
 球を受けた捕手が179キロ位出てたと証言


2 9回裏にわざと走者をため無死満塁にし、
 しかも野手全員ベンチへ引き上げさせて
 打者に挑んだ


3 投球練習の際、
 ホームベース上に置いた煙草の箱の上を
 ボールが通過するほどのコントロール


4 約2500試合に登板し、
 通算2000勝以上、完封勝利350回以上、
 ノーヒットノーラン55試合


5 全打者三振になりそうな試合で、
 最後の打者が振り逃げで28連続三振になった


6 1930年の、メジャーリーグ選抜との交流戦で
 22奪三振完封を記録


7 1965年、59歳でメジャーに1試合だけ復帰し、
 先発して3回無失点(メジャー最高齢登板)


8 42歳でメジャーデビュー、
 46歳から2年連続オールスター出場 
 メジャー通算28勝31敗、防御率3.29


9 記録がはっきりしている1934年は
 105試合で104勝をあげている




ニクロリーグの伝説か

盛ってるやろうけど
それ差し引いても凄い


サイヤングは
これより凄かったんやろか?


youtubeに投球フォームの動画あるけど
軽く170は出てるよ彼



>7 1965年、59歳でメジャーに1試合だけ復帰し、
先発して3回無失点
(メジャー最高齢登板)


これはウソじゃないんだろ?
記録残ってるだろうし


てかアメリカ版のWIKIに
普通に成績乗ってるよ


サチェル・ペイジ 
2500登板 2000勝(ニグロリーグ)


350完封
55ノーヒットノーラン
最速179キロ


勝率軽く8割超えか

更に言えば
じじいになってからメジャー移籍して
そこそこ活躍してるし
実際凄い投手なのは間違いない



179キロは別のやつじゃなかったか?


フェンスのちょい手前から
フェンスにボール投げつけて
フェンスぶち抜いたw


生涯マイナーどまりってのもいれて
伝説っぽさが素敵


ジャッキーロビンソンが控えにすぎない
ニグロリーグのレベルwwwwwww


ウィリーメイズも傑出はしてなかったらしい


50歳過ぎて復帰したときの映像見たけど
速かったぞ普通に。
あれは驚いた


今でも破られることのない
MLB最年長登板記録保持者なはず


1965年に
59歳でメジャー登板してるんだってね、
わりと最近だよなw


MLBサチェルペイジ(42歳) 
6勝1敗 2.48


その年齢すらフランコと一緒で怪しいんだよなぁ


ニグロ・リーグとメジャーリーグの交流戦で
ベーブ・ルースがチキって出なかったから
対戦経験は確かないはず




コメント