杉谷拳士「帝京高校1年 ショートレギュラー夏の甲子園出場 1つ上の兄は3年目 に外野昇格」←これ

2022-06-19

野球



杉谷拳士
「帝京高校1年 ショートレギュラー夏の甲子園出場
1つ上の兄は3年目に外野昇格」←これ








練馬区立大泉第三小学校時代はツバメ野球部でプレーし、練馬区立大泉西中学校時代は東練馬シニアでプレーしていた。

杉谷の一歳上の兄・翔貴も進学していた帝京高校で1年生からセンスを買われ正遊撃手を任され、甲子園には春夏通算で3度出場した。

2006年夏の第88回選手権大会では準々決勝・智弁和歌山高校戦の大逆転した直後の9回裏に監督の前田三夫から度胸を買われ投手として緊急登板もしているが、先頭打者に死球を与えてしまいわずか1球で降板となり、結果的に敗戦投手となった
(詳細は『第88回全国高等学校野球選手権大会智辯和歌山対帝京』を参照)。

2007年夏には外野のレギュラーに昇格した兄の翔貴と共に連続出場し、前年と同じベスト8に進出。

2年時の秋からは主将に就任し、スイッチヒッターへ転向した。東東京大会では優勝した関東一高に敗れ、3年時の甲子園出場はなかった。

高校通算25本塁打。

帝京高校では、1学年上に中村晃と大田阿斗里、1学年下に原口文仁、2学年下には山﨑康晃がいた。

高校卒業後の進路は社会人野球に決まっていたが、プロを諦めきれず日本ハムの入団テストを受け合格、

2008年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから6位で指名され、11月11日に契約金1000万円、年俸450万円で仮契約した(金額は推定)。

なお、同ドラフト会議では帝京高校の同級生、高島祥平も中日ドラゴンズに4位で指名されている。背番号は61。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E8%B0%B7%E6%8B%B3%E5%A3%AB





化け物やん




1年目から二軍でそれなりに成績残してたし有望株やったんやで



なおプロテストは声がでかいだけで受かった模様



兄貴なにやってんやろな
似てたよな



プロにはそれ以上の化け物が多いだけや



兄貴とめっちゃ仲悪いらしいな



帝京史上最強といわれたチームで2年で3番を任されヒットを量産してた天才やぞ



なんやかんなで30までプロ野球選手やってるて凄いで



なんj 2ch 5ch まとめ

野球ランダム(30)



野球・新着記事 (30)




 
リンク
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

このブログを検索

野球

QooQ