注目記事

阪神・清宮幸太郎(42)「プロ野球の世界で生き残るためにはバットを短く持つしかなかっ

2020-10-07

阪神タイガース 野球 野球まとめ

t f B! P L






阪神清宮(42)

「プロ野球の世界で生き残るためには
バットを短く持つしかなかった」


本日、阪神の黄金期を支えた苦労人が引退を表明した。

「入団した年、福留さんや鳥谷さん、高山さん、隼太が簡単に150kmの速球を打ち返していてプロの世界の厳しさを感じた。

僕が生き残る道はバットを短く持って三遊間を抜くゴロヒットを打つことだった。」

清宮はプロ入り3年目から一軍のレギュラーとなり、通算安打2104本、17本塁打、540打点を記録した。

2021年には糸井清宮高山の30盗塁トリオを擁しセリーグを制覇した。

しかし近年は巨人山口から受けたデッドボールの後遺症に悩み、成績不振に陥っていた。

清宮はプロ野球生活最大の思い出は?
との質問に

「21年にトリさんを胴上げできたことですよ」と語った。

なお伊藤隼太選手も引退を表明している。

隼太練習しろ

デッドボールで成績不振なのに、2100本打てるんか…
超早打ちなんやろ(適当)

早打ちの上位互換関本か
近年はやろ、それまでは俊足巧打やったんやろ

荒木やな
山口どれだけ野球続けてんねん

伊藤隼太(52)

さりげなく伊藤隼太を呼び捨てにしてて草
隼太!今日の三振はあかんぞ
#なんj #2ch #5ch #まとめ



まとめてチャージすると さらにポイントが貯まる

ブログ アーカイブ

新しいサイト

Kindle本の人気商品

>


このブログを検索

Feed

follow

QooQ