注目記事

大谷翔平の高校時代の伝説まとめ

2020-10-11

野球 野球まとめ

t f B! P L





大谷翔平の高校時代の伝説




高校時代は花巻東高校でピッチャーでありながら
4番バッターだった大谷翔平選手。


大谷翔平高校成績(甲子園)
甲子園出場歴:2回(11年夏、12年春)

投手
投球回数:14回
防御率:3.77
奪三振:16
防御率:3.77


打者
出場:2試合
打率:.333
本塁打:1本


高校時代エースで4番だった大谷翔平投手。
甲子園でも1本ホームランを打ちました。


ホームランを打った相手というにが
現在ライバルとして切磋琢磨している藤浪晋太郎投手


伝説の高校最速160キロ

大谷翔平選手(現日本ハム)は、花巻東高校3年生時代の岩手県大会で球速160Km超えを記録したことで有名になり、

現在はピッチャー&バッターを両立する「二刀流」選手として活躍している。

現在の彼の実績・成果は、もちろん多くの支えやサポートと個人の努力の賜物であるが、

中でも、花巻東高校時代の野球部監督(佐々木洋監督)の影響は大きい。


日本野球界の怪物とも言われる大谷翔平選手が、高校時代に佐々木洋監督から学んでいたのは、単に野球の知識や技術だけではない。



高校時代の大谷翔平の特徴

①全然目立たない
②机はBIG SIZEでベランダ側の1番後ろが定位置
③ビジネス書を愛読
④成績はTOP5
⑤読書家で優等生



二人は高校日本代表でも一緒になりましたね 

藤浪「その時の背番号は覚えてないです」 
大谷「藤浪は6番」 

っていうエピソードは何回見ても笑う



 高校時代、モチべを高める為にライバルの藤浪投手(現阪神タイガース)の雑誌記事を切り抜いて、自室に貼っていたエピソードが大好きです



ダルビッシュ有、田中将大。 甲子園決勝負けてなかったらあそこまでの選手になったかどうか?

 大谷翔平は3年生の時、甲子園にすら行けなかった。 高校時代「負け」を経験した3人。 

1年の時からレギュラーで甲子園優勝を何度もしたけど、道を外してしまった選手もいる。 人生わからんな…。



相撲関連のアカウントでこんな話があった。

 高校時代の大谷翔平選手が、巡業中の力士や記者に対して帽子を取って爽やかに挨拶してくれたそうだ。 

それを、皆が褒めていて、とある力士は「やはり一流の人は人格も一流」のような事を言ったそうだ。 

#なんj #2ch #5ch #まとめ



まとめてチャージすると さらにポイントが貯まる

ブログ アーカイブ

新しいサイト

Kindle本の人気商品

>


このブログを検索

Feed

follow

QooQ