大谷翔平の甲子園行き阻んだ天才打者 バッシング受けた胸中告白「悪いことしていないのに…」

2020-12-18

大谷翔平 野球 野球まとめ 野球雑談

 




大谷の甲子園行き阻んだ
天才打者 

バッシング受けた胸中告白

「悪いことしていないのに…」



1:
谷は高校3年の夏、岩手県大会の準決勝で高校野球史上最速160キロをマークするなど、野球ファンの注目を一身に集めていた。


ところが、県大会決勝で名門・盛岡大付に敗れ、甲子園出場はかなわず。


当時の高野連会長が、甲子園大会の閉会式で「残念なのは花巻東の大谷投手を甲子園で見ることができなかったこと」と発言するなど、大谷の県大会敗退は世間を震撼させた。


そんな中、その県大会決勝で大谷から決勝3ランを放った盛岡大付の4番打者は「本当に甲子園に行っていいのか」と苦悩したという。


「大谷対策」として6メートル前に打撃マシンを設置するなど、猛練習の成果として生まれたこの決勝本塁打が、あることを理由に“疑惑”の目が向けられ、同校へのバッシングが加速していたことが原因だった。


番組では本人が「悪いことしていないのに悪いことをした気分になった」と当時の心境を回顧。


バッシングを乗り越えた天才スラッガーの現在の姿も明かされる。

https:


2:
打たれる方が悪い


3:
番宣かよぉ!
ファールっぽい疑惑のホームランだったんだよな


4:
打たれる方が悪いわ


5:
???「甲子園で大谷くんを見たかった」


6:
速球対策してきてるのは分かってるんやから変化球中心とかできたやろ


7:
ほんま大谷まわりってくっさいわ


8:
大谷を見たかったって絶許レベルなのにあんま語られんよな


なんj 2ch 5ch まとめ

野球ランダム(30)



野球・新着記事 (30)




 
リンク
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

このブログを検索

野球

QooQ