【悲報】野球有識者「今永は本当はノーノーができる投手ではない、札ドの広さ に助けられていた」

2022-06-19

野球



【悲報】野球有識者

「今永は本当はノーノーができる投手ではない、札ドの広さに助けられていた」





DeNA・今永が札幌D初ノーノー達成を自己解析 快挙の裏にドームの「湿度」と「広さ」生かした直球勝負

交流戦期間だった7日の日本ハム戦でプロ野球史上85人目(通算96度目)、球団では52年ぶりとなる無安打無得点試合を達成したDeNA・今永昇太投手(28)がスポニチ本紙のインタビューに応じた。

(中略)

――7日は2ストライク後の直球勝負率が64・1%。その前の5月31日のオリックス戦は同48・7%と比べて直球勝負が激増した。

「理由は2つ。一つは屋外と屋内で直球の質が変わる。もう一つは広い球場の利点。札幌はファウルゾーンも広く、直球で押してファウルフライもある(7日は2邪飛)」

――直球の質が変わるとは?

「自分の感覚でドームは湿度が高い。球に触った感覚がしっとりする。だから、球をあまり“ギュッ”と握らなくても、ソフトな感じでリリースできる。(結果、握力が落ちずに)あの日は直球の威力も落ちなかったし、浮いたチェンジアップも打者のタイミングが外れて打ち取れた。運が良かった場面もいくつかあります」

――運が良かった場面とは?

「(9回の)最後の野村選手の飛球(右飛)は横浜(スタジアム)で風があれば入っていたかも。でも札幌だからそういう投球(直球勝負)をした。そもそも僕は、直球以外、自信のある球がない。ないものねだりをしても仕方がない。本当はノーヒットノーランができる投手ではないからこそ、運もあった」

全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c139a5bc6b7824e7176c1929e19a69bf399a3a0



やっぱり有識者から見るとそうなんやね



本人で草



野球有識者(現役)



こいつ今永エアプやろ




いやこの人今永の試合観戦した事ないよね笑
彼の凄さは観客席からつぶさに見ないとわからないんだなぁ……w




金曜日今永と青柳の投げ合いなの勿体ないわ
ずらせばええのに




有識者さんさぁ...



今永に聞かせてやりたいわ




今永の球打ったことないからこんなこと言える




ハマスタで風があればとか難癖つけてなんやねんこいつ




ナゴドより広いもんな
そりゃハマスタ慣れしてたら楽だわな




こいつ打席で今永の球見たことあんの?



本人が勝手にそう言ってるだけやろ




日本は中6日で100球ぐらいの投球。そのことも(投高打低に)関係しているのでは
一理ある




札ド並に本拠地が広いんだがFAでウチに来ないか?



こいつ今永の何知っとんねん



この有識者どのくらい頭良いんや?




>>
今永くらい



本人じゃねーか




こいつ今永相手に打席立った事ないくせによく言えるな




偉そうにお前は今永の何やねん



今永がこの記事読んだら悲しむぞ



はえーちゃんと知識ある有識者もおるねんな



今永とかいう今永エアプが今永を語るなよ



有識者って本人やんけ



なんj 2ch 5ch まとめ

野球ランダム(30)



野球・新着記事 (30)




 
リンク
 

 
 
 

 
 
 

 
 

 
 

このブログを検索

野球

QooQ